江戸文様

う布ふの江戸文様

波うさぎ

当店「う布ふ」のシンボルマークともなっている組み合せ柄で、「竹生島文様」とも呼ばれ、謡曲「竹生島」に由来します。
波うさぎの文様は、謡曲「竹生島」の詩に表わされた情景を描いたもので狂言装束の「肩衣」の文様として用いられ人気となりました。
波の上を飛ぶうさぎの姿は因幡の白兎も連想しますが、人生の荒波を乗り越え後ずさりせずに前に跳ねるうさぎは多産(子孫繁栄)でもあり、吉祥文様の1つとなっています。

青海波

波を扇形状に上下左右に反復した日本的な伝統文様に見えますが、実際はペルシャ・ササン朝様式の文様が中国を経由して伝播したもので、 日本での名称「青海波」は舞楽「青海波」の装束に使われた文様からいわれてきました。
青海波文様は江戸時代の中期に勘七という漆工が特殊な刷毛で巧みに描き連続した無限の広がりを想像させることから、途切れのない成長への願いが込められ普及しました。

麻の葉

植物文様を代表する1つで、麻が丈夫ですくすくとまっすぐ育つことから子供の産着などやお宮参りの襦袢などに使われれる健やかな成長への願いが込められています。
男の子は青い麻の葉柄で女の子は赤い麻の葉柄が良いとされ、冠婚葬祭のお祝いの白い長襦袢は麻の葉柄が良いという慣習が続いています。
茎は繊維に、実は薬に利用された麻の葉を連続する正六角形の幾何学模様としています。

唐草

つる科の植物を図案化した文様で、地面や樹木から建物や塀などまでも這うように育つことから、どのような環境や状況も克服する強い生命力に満ち溢れ、永遠の成長への願いが込められていることから風呂敷包みなど様々な生活品などに古くから使われてきました。
また、荘厳と永遠の象徴として神社仏閣の装飾文様としても取り入れられ、世界中の神仏加護の世界で多く目にすることができます。

矢羽根

矢というと毛利三兄弟や三ツ矢サイダーの“三本の矢”が有名ですが、矢絣や紫色を使った大奥御殿女中、歌舞伎の腰元などの衣裳デザインとしても登場する文様です。
武器としての矢につけられた羽根は回転させながら風を切り、的に向かって的中させることから、武運長久、立身出世や相手の心を射抜くことに通じることから恋愛成就の願いが込められた文様です。

七宝

同じ大きさの円を4分の1づつ重ねて繋いで連続させた文様で、円が円満に通じることや仏教の経典にある七つの宝物から表現された吉祥文様です。
七つの宝物とは、金・銀・瑠璃(るり)・珊瑚(さんご)・瑪瑙(めのう)・玻璃(はり:水晶)と千年生きるとされるシャコガイからなるもので宝尽くしで縁起が良いことから、伊万里焼や七宝焼きなどにも多く見られます。
有識文では「輪違い」とも呼びます。

網目

浅草は「三社祭」が有名ですが、浅草観音を示現したのが漁師であることから三社祭りの時には氏子町会の手ぬぐいや浴衣などに「三つ網」や「網目」が使われています。「三つ網」は祭りのシンボルデザインです。
海老や蛸や鯛などの魚をあしらうと大漁文となり豊漁収穫、商売繁盛の願いが込められています。
また網打って一網打尽に漁をすることから一機に敵を打ち負かすことで武運にもつながることから人気になりました。

渦巻き

螺旋状の曲線で水の流れを図案化したもので、広い地域で世界的に古く紀元前3千年にすでにみられる古い文様です。
渦巻き文様は、その形から誕生や再生の象徴とされ、新しいものを生み出す力があると信じられてきました。
中心から螺旋を描いて外に向かう力強さを上限されるほか、神仏の螺髪(頭髪部)に通じることから魔除けやエネルギーの象徴から開運招福など縁起の良い吉祥文様です。

亀甲

正六角形の亀の甲に似ているところから呼ばれていますが、中国や朝鮮から日本に伝わったとされています。
平安時代以来、公家の邸宅の調度・服装・輿車〈コシグルマ〉などの装飾にも用いられた独自の様式をもつおめでたい吉祥文様の代表格で、有職文様となります。
様々な変形の亀甲文様があり、亀甲の中に花や動物、文字などが入れられたものなどがあります。

吉原繋

環状の四角形の四隅をくぼませた形を斜めにして打ち違いに繋ぎ合せた鎖のような文様です。
吉原の郭に入ったらつながれて、なかなか解放されないことにちなんだ名前といわれています。
正式には子持吉原といい、吉原の手引茶屋の暖簾に用いられた柄で、人と人を結ぶ“良縁”を意味し人間関係を豊かにすることから絆を表現し、祭りの半纏などにも多く使われました。

千鳥

浅草では奈良時代から浅草観音が示現した隅田川の聖域に舞うカモメを都鳥と呼び、その舞う姿を楽しんできました。
隅田川の川辺や浜辺に集い舞う鳥たちを図案化したのが千鳥で、硬い線で描いたり、ふっくらユーモラスな姿や波間や波上に舞う鳥まで表現は豊富で多様な文様で楽しまれてきました。
鳥が自由に空を舞うことから、空への憧れと自由な振る舞いを求めて人気がありました。

江戸時代までは「段」といわれた横縞が主流で「筋」と呼ばれる縦縞は多く使われませんでした。
南方諸島から縦縞の木
綿がもたらされ「島物」と呼ばれましたが、江戸中期頃に江戸っ子の筋を通す主張と合い縦縞は「縞」と呼ばれるようになりました。
柄はシンプルですが、遷都空白の間隔の幅を変えて玉縞、千筋、万筋、子持ち、両子持ち、滝縞、鰹縞、三筋立、よろけ縞など単純な線の表現は多彩です。